Counosのご紹介

世界の国々はそれぞれの通貨がある。ヨーロッパの国はだいたいユーロを使う。ロシアはルーブルを使う。米国は米国ドルを使う。私達は銀行や為替取引で通貨を使うし、お金を振込や投資する場合、世界にある銀行や金融機関も使う。

 

一方、仮想マネーは何でしょうかそれはインターネットを通して送ることができるお金である。PayPalWebMoneyBitcoin、およびCounos ...全ては仮想マネーの例です。

仮想マネーは集中化されたカテゴリと分散化されたカテゴリに分ける。分散化されたカテゴリはいわゆる暗号通貨である。一方、集中化されたカテゴリには第三者、あるいは仲介会社機関の役割が必要である。PayPalはその一つの例である。

集中化された通貨や分散化された仮想通貨の違いについて

分散仮想マネーでは、取引はブロックチェーンという分散されているデータベースで管理されている。会社のものではない。一方、集中化された仮想通貨では、通貨は普通の伝統的な通貨でサポートされている。例えば、PayPalはドルで支えられている。どうかPayPal自体は通貨になれない。ユーザーは1,000 PayPal単位をもらって、その代わりに$1000ドルを支払い、代わりに$ 1,000の価値のあるセールス時間をもらうというメカニズムがない。集中化された仮想通貨はだいたいある会社が提供する。つまり、財布は決まっているサイトしかから見えない。登録する必要もある。

 

 

 

Counosは何か?

各国は自分の通貨がある。ほとんどのヨーロッパの国々はユーロを使う。ロシアはルーブルを使う。米国は米国ドルを使う。銀行でも、為替取引でも通貨を使う。あるいは、金融機関や銀行を通してお金を振込・投資する時にも使う。今回のネットワークでは、取引は第三者を通さずに行われる。ピアツーピアである。つまり、中央銀行みたいない組織のニーズがない。Counosと他の通貨の主な違いはCounosのディセントラリゼーションである。Counosはブロックチェーンというディセントラリゼーションされているデータベースの上で動いている。

ブロックチェーンは何か?

簡単に言うと、世の中、自分たちが行っている毎日の事業の8割以上は会社や組織の効果を与える。銀行で口座を作る時に、メールにログインする時に、仲介組織からサービスをもらうということになる。会社や介入組織は自分の情報をコントロールする。例えば、自分はWhatsapp Instagramでメッセージを送る時に、まずそのメッセージをInstagramのサーバーに送る。Instagramのデータベースはその後にその情報をあなたの友達に送る。一方、チェーンの中で、データは何百万のコンピューターで分配されているので、だれでもそのデータをコントロールすることができない。だれかあるチェーンのセルをハッキングしたかったら、ネットワークのコンピューターの51%以上をコントロールする必要がある。つまり、ハッキングというのはほぼ不可能である。だから、Counosやほかの仮想通貨もはやく人気になって、経済的なピークに行っている。Counosは速く簡単に取引をやることができるし、間に会社を入れなくても大丈夫である。現在、世界の中でたくさんの組織や企業がすでにCounosをつかって、支払いなどをしている、あるいはCounosを検討している。

 

 

 

Counosのオーナーはだれか

Counosネットワークはオーナーがない。空気と同じである。Counosでは、世界のユーザー達はネットワークに接続し、一緒にそのネットワークをコントロールする。Counosの開発者達はCounosを改善するが、Counosのオリジナルなプロトコルを変更することができない。Counosはプレーンテキストで公開されたことがある。ユーザーは自分のニーズに合わせてプロトコルを通して自分のアプリを作ってもかまわない。

Counosはどうやってワークするのか?

お金の場合、あるアカウントから他のアカウントへのファンドのトランスファーは第三者組織が必要である。Counosは違う。第三者がいない。Counosプロトコルでは、組織や人間への信頼はコンピューターへの信頼に変わった。人間や組織は悪い意図を持っても、持たなくても間違いをすることが可能。しかし、コンピューターは感情がないため、間違いをすることができない。全体的に言うと、全ての電子取引、集中型または分散型、は動くために承認が必要である。例えば、銀行を通して、お金を送りたい場合、プロセスが発生し、システムは先ずあなたの口座の残高を確認し、取引の金額も確認し、その後あなたの口座からその金額を取り、違うユーザーの残高にそれを入れるというプロセスである。Counosを利用する場合、先ず銀行がないということから始まる。Counosを使って、お金を送りたい例をチェックしよう。先ず、他のユーザーのウォレットの住所をもらってから取引を行う。それで、その取引のCounos価値はネットワークに登録される。ここで、銀行や第三者がないため、コンピューターが代わりに計算を行う。Counosプロトコルでは、世界の人々は自分たちの力のあるコンピューターをネットワークに渡す。しかし、これはCounosのためにやっているということではない。コンピューターなどを渡すユーザー達はいわゆるマイナーになる。計算や取引の確認の代わりに、新しいCounosが生産され、そのマイナーにアサインされる。

ウォレット

あなたの物理的なウォレットと同じように、デジタル通貨を入れる場所になる。

ソフトウェアウォレット: ラップトップのデスクトップまたはコンピュータにダウンロードするプログラム。

モバイルウォレット:このプログラムは自分の携帯、タブレットやコンピューターにインストールするものである。QRコードがある。電話から電話への転送で取引が可能になる。

ウェブウォレット:普通に取引所からもらうものである。サードパーティ製のサーバー上のクラウドコンピューティングで保存されている。計算ができるデバイスに入れることが可能である。

ペーパーウォレット: デジタル通貨を印刷することが可能である。QRコードという形で印刷できる。そのものを自分のウォレットにいれることが可能である。

マイニング

デジタル通貨の取引はデータパッケージという形で集計される。それをブロックと呼ぶ。

このようなブロックの扱いのタイミングは取引プロセスの正確さを守るために非常に大事である。この全体的なプロセスの面倒を見てくれる中央銀行がないため、コンピューターは代わりにその役割を持つことになる。これはマイニングと呼ぶ。マイナーはネットワークに自分たちのコンピューターを渡し、それでネットワークのプロセッシングに貢献する。あるデータのブロックがちゃんとマイニングされていたら、アルゴと数学的な基準が合ったら、マイナーは代わりにCounosコインをもらい、プロセシングしたブロックの取引手数料ももらう。

マイニングは取引を確認したい時にも使うし、新しいCounosコインを作りたい時にも使う。取引量はこれから増えると思われる。よって、マイナーはこれからプロセスに参加するために大きなインセンティブがあると思われる。

どうやってCounosを手に入れることができるか

大体、Counosを手に入れる方法が以下である:

  1. Counos支払い方法を利用し、インターネットでサービスやものを売ること。
  2. ある活動の代わりにCounos Paycheckとしてもらう。
  3. オンライン取引所やCounosエージェントから買うこと
  4. 直接取引

なぜCounosか

Counosの美しさは、取引を確認する時に第三者がいらないということである。全ての支払いはP2Pで行われる。大体1時間ごとに10回の取引が行われる。全てのCounos取引は永遠にブロックチェーンという分配されているオフィスにのこる。お金の取引の詳細などはチェーンに入っているので、すべてのユーザーが見える。取引はブロックという形で行われる。10分ごとに、新しい取引のブロックが作成され、前のブロックはチャーンブロックに入る。マイナーは取引の確認をすることによって、現在XXXX Counos コインをボーナズとしてもらえる Counosのすでに決まっているプロトコルでは、2100万コインがある。つまり、Counos Coinの数は2100万を達成したら、Counosコインの生産が止まる。Counosの限界的な数が達成されたら、だれもマイニングすることができない。つまり、Counosは反インフレ通貨である。普通の通貨では、政府は問題がある時に、お金を印刷することが可能である。よって、インフレが発生する。Counosや他の暗号通貨ではインフレ率の成長は珍しい。

Counosで支払いすることは難しい?

簡単であるし、毎日より使いやすくなっている。 自分のウォレットからいくつかの簡単なバートンを使って、送ることやもらうことは可能になる。ウォレットは自分のモバイルに入ったら、QRコードをスキャニングすれば速く支払いできる。

なぜConuosコインは価値があるか?

全体的に言うと、ある少ないものが便利であったら、価値がある。Conuosは唯一な特徴やアプリケーションがあり、サプライが限られているので価値がある。ゴルドと同じ特徴がある。グロドもConuosと同じように、限られている数しかないし、引き抜くためにはお金がかかる。グロドは力学的エネルギーが必要が、Conuosは電気が必要である。よって、Counosは価値がある。

Conousの動きの原因は何か

全体的に言うと、ある少ないものが便利であったら、価値がある。Conuosは唯一な特徴やアプリケーションがあり、サプライが限られているので価値がある。ゴルドと同じ特徴がある。グロドもConuosと同じように、限られている数しかないし、引き抜くためにはお金がかかる。グロドは力学的エネルギーが必要が、Conuosは電気が必要である。よって、Counosは価値がある。