暗号通貨の将来はどうやって次の経済危機で決まるのでしょうか

たくさんの人々によると、ビットコインは遊ぶものである。暗号通貨という概念に対して好奇心があるからやってみる方がいる。しかし、暗号通貨は意味のある影響があるのでしょうか?国の通貨の代替になれるのでしょうか?このような質問は深いである。以前、危機が発生した時に、暗号通貨は国を助けたことがある。

 

ビットコイン利用の例:

例えば、ギリシャが2015年に欧州中央銀行と他の銀行から救済措置を受けても、不況になった時に、パニックが発生し、その結果たくさんの人々は銀行から全ての貯金を引き出した。

簡単に言うと、ある通貨に対しての信頼性がなくなるときに、人々は代わりに他のものを代替として利用する傾向がある。人間の考え方である。変化に対応しすべきである。ギリシャに危機がより強くなったときに、ビットコインの取引量も増えた。興味深いことに、取引量の増加がギリシャから来た。

同じように、キプロスが2013年に危機に入った時に、暗号通貨の人気も上がった。アルゼンチンのケースも同じである。アルゼンチンの政府は経済危機以降米国ドルの購入を禁止にした後に、暗号通貨の人気が急に上がり、その結果アルゼンチンはいわゆるビットコイン市場潜在力指数(BMPI)の中で非常に重要な国になった。

このような相関関係を見ると、おそらく人々は自分たちの国の通貨が失敗する時に、暗号通貨を選ぶ傾向があると思われる。しかし、グローバル的に見ると、暗号通貨は一般の通貨に変化を起こす力があるのでしょうか.

 

暗号通貨のデメリット:

人間は通貨の行動をコントロールする中央権威がないデジタル通貨システムに魅力を感じると思われる。しかし、全てが良いことではない。暗号通貨のボラティリティはデメリットである。人は自分の資産の中では、暗号通貨にしている部分が大きかったら、その人の純資産がランダム的に激しく変わる場合もある。

まとめ:

暗号通貨は経済危機の時に人々の力になれる。しかし、主流通貨になるために能力がまだないと思われる。しかし、一つ言えるのは、危機に時に、「救助車」として使えることである。

 

Comments

Comments are closed on this post.