暗号通貨の将来について

2009年に行われたビットコインの出現と同時に、「暗号通貨」という概念はバーチャルコンセプトというところから現実の世界まで進んだ。ビットコインの人気は2013年にピークし、1つのコインが$266という高値を達成した。では、暗号通貨の将来はどうなるのでしょうかということについて少し考えよう。

暗号通貨の将来の見通しについて

暗号通貨に関する予想がたくさんある。どの暗号通過に投資すれば良いかということを理解するためには、開かれた心で全ての予想を見た方が良い。

 

国の通貨は2013年に切り替えられる:

これは立派な金融アナリストの中ではよく出てくる予想の一つである。彼らの話によると、「暗号通貨」という通貨の概念が継続し、2030年になったら、国々の通貨の25%が暗号通貨に切り替えられるということになる。

 

現金と違うものである:

現在現金で行われている取引や将来に出てくる暗号通貨での取引の性質がかなり変わると思われる。全ての活動がデジタル的に行われ、そのプロセスが現在のプロセスより簡単になる。

 

暗号通貨の価値はサイクルで決まること:

ビットコインと違う暗号通貨が出始めた時に、ビットコインの価値が下がったということをおそらく認識したであろう。そのような暗号通貨の価値はこれから上がったり、下がったりすると予想されている。その中に、このマーケットを支配する暗号通貨も入っている。

 

銀行業界のディスラプターになる:

暗号通貨は銀行業界に変化を起こすということも予想されている。ピアツーピア取引は銀行の取引より簡単になる。又、第三者の存在性もなくなる。その結果、投資家の暗号通貨への関心がより強くなると思われる。それは、銀行や財務アドバイザーの手数料の原価に貢献する。

以上の理由で、暗号通貨という概念がしばらく継続すると思われる。明るい将来があるであろう。

Comments

Comments are closed on this post.