暗号の勉強は暗号学ではない

暗号の勉強は暗号学ではない

暗号の勉強は暗号学ではない。暗号学の中に暗号の勉強や暗号解読の勉強がある。暗号の勉強というのは数学的に「暗号化」というプロセスの勉強することである。暗号は秘密通信のためにも利用される。暗号を使うことによって、暗号化されたメッセージを作ることができる。普通の人はそのメッセージを聞いたら、本当の意味がわからない。最初から意図された受信者しか理解できないことである。もちろん、メッセージだけでなく、ものもある程度同じ方法で「登録」することができる。解読をする前に(つまり、「pre-decrypt」というレベル)ものがあるとわかるがその意味などがわからない。暗号鍵を持つ人しかその意味などがわからない。

ほとんどのセキュリティ・レベルが高いところで暗号が利用されている。秘密のデータにアクセス権利がある人だけが入れる。例えば、メッセージを送る時によく使う。また、あるソフトウェアをインストールする時に、そのソフトウェアを購入した人々しかインストールができないという状況を作るために暗号を使う。電話を無駄に使うということをさけるためにも使う。

セキュリティのある環境を作るためによく使うものである。ダークネットワーク(例えば、Freenet)の中で情報が検閲されていない。そのネットワークからもらったデータは、自分のコンピューターに保存しても、しなくても、ずっと残るケースがある。あるレポートをダウンロードした後に、そのレポートを消すのはほぼ無理である。これは違法コンテンツの場合、問題になる。ユーザーが知らずに、自分のコンピューターにずっと残るケースがある。しかし、このコンテンツが暗号化されているため、裁判官はそのユーザーを判断することが難しい。暗号化されているから、コンピューターの中に入っているコンテンツが違反コンテンツであるかどうかを証明できない。その場合、コンテンツを解読するために、違反方法を利用していけない。

ビットコインの場合、以下のところで暗号化アプリを見つけることができる:

Tahoe-LAFSあるいは他の暗号化されたファイルストレージシステム

PGP / GPG (メールを送る時に、他の人が読めなくなるプレーンテキスト暗号化)

最後に、固有のパスワードについて説明したい。人気のあるトレンドである。あるプログラムに接続する時に、必ず毎回新しいパスワードが必要になるキーチェーンがある。正しいパスワードとして認識されるものは64,000のランダムパスワードしかない。アタッカーはそのようなパスワードにアクセスすることができない。さらに、正しいパスワードが一つあっても、再利用できない。一回使っても、二度とも使えない。

 

暗号の利用について

ある情報に対して、見てよいと見ていけない人がいる。見てよい人しかアクセスできないというのを作るためにはどうやってその情報の保存や登録をすれば良いかという勉強は暗号である。情報時代になる前に、暗号は情報の秘密を守るためにしか使わなかった。スパイ通信、軍事指導者や外交官などの情報の秘密性をまもるために利用された。歴史を見ると、例がたくさんある。エジプトの象形文字、スペインのスパルタン人が利用したパスワード、石膏や様々な物理的補助装置が含まれる。このような装置はコンピュータおよび電子デバイスが出た後に様々な変化を経験し、暗号に非常に貢献したと言える。

Comments

Comments are closed on this post.