ブロックチェーンは何か

ブロックチェーンは何か

ブロックチェーンというのはユニークな発明である。「ナカモトサトシ」という人あるいは人々の組織が開発した。ブロックチェーンが生まれてから変化している。よって、皆が聞きたいことは、ブロックチェーンは何か

デジタルデータの分布を可能にするがそのデータをコーピすることができないブロックチェーン技術は新しいインターネットを作った。最初は暗号通貨向けに開発されたが、ビットコインコミュニティは最近暗号通貨以外のところでもたくさん利用のしかたなどを発明している。

ビットコインは「デジタルゴルド」とも呼ばれる。なぜかというと、今まで、その通貨の全体的な価値は大体9億ドルである。他のブロックチェーンは違う数値のタイプを作ることができる。インターネット、あるいは自分の車と同じように、ブロッカーはどのように使うか知る必要がない。ただし、この技術の基本を勉強すれば、なぜ革命的な技術であるかわかることができる。

 

ブロックチェーンの耐久性と堅牢性

ブロックチェーン技術はインターネットと同じで、ロバストネスがある。同じ情報ブロックをネットワークに登録することができるが、以下の事ができない:

1) 単一障害点がないこと。

2)あるひとつのエンティティからコントロールされること。

 

ビットコインは2008年に作られた。その以降、ビットコインのブロックチェインは大きな混乱なしでずっと動いている。問題があっても、それは人間の間違いか、悪い意図を持つ人間の行動で活性する。つまり、基本の概念に誤りがない。

インターネットというのは30年ぐらい前に作られた。それと比べたら、ブロックチェイン技術はかなり早いペースで進歩していると言える。

 

だれがブロックチェインを利用するか?

ブロックのチェインを知らずに、それでもブロックチェイン技術を使えるし、ブロックチェイン技術をメリットを受けることができる。

現在、金融業界の中に行われているブロックチェインの利用は一番影響力のある例である。例えば、国際ペイメントである。世界銀行によると、2015年にやく430億ドルの送金が行われた。驚くことではないが、現在ブロックチェインをわかる開発エンジニアの需要が強い。

送金で普通は第三者が必要になるが、ブロックチェインを使えば第三者が必要でなくなる。グラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)の開発のおかげでパーソナルコンピュータへのアクセスが簡単になった。ブロックチェーン用に設計された最も一般的なGUIはそれを使うので、アクセスも簡単になる。ビットコインを使ってものを購入したい時、ウォレットのアプリも必要になるが、ウォレットへのアクセスも簡単である。

オンライン取引とアイデンティティ検証プロセスの関係が強い。将来に、アイデンティティ管理の様々なタイプをサポートするために、ポータビリティ・アプリケーションも変わると思われる。

Comments

Comments are closed on this post.