ブログ

ピアツーピア暗号通貨について

フレキシビリティーのある、匿名で安全な通貨取引を行いたい場合、暗号通貨という概念を理解する必要がある。勉強するメリットがたくさんある。特に、ピアツーピア事業を行いたい場合、暗号通貨を利用するメリットが多い。

 

通貨取引の基本的な要件について

二つのピアの間に通貨取引を行いたい場合、ブロックチェーンを利用しなければならない。ブロックチェーンがあれば、第三者の必要性がなくなる。このシステムを使うことによって、安全のある取引を行うことができる。なぜかというと、ハッカーその取引、あるいはその取引に関する正しくないデータを作れなくなるからである。

 

ピアツーピア 取引のメリットについて

 

ピアツーピア 取引のメリットが多い。例えば:

偽名:

暗号通貨を利用して取引をおこなったら、その取引に関する唯一な識別子が発生する。識別子の唯一性があるので、ユーザーの名前あるいは住所と関係がない。識別というプロセスは客取引に対して毎回簡単に変わる。

 

ウォレット:

自分のお金を保存できるところである。そのお金は取引に使う。ウォレットを安全にするために方法がたくさんある。例えば、パスワードや暗号化を使える。また、安全性を提供する専用ハードウェアも使える。簡単に、お金の安全性やプライバシーを手に入れることができる。

 

安全な取引:

暗号通貨を使えば、一番安全な取引を行うことができる。取引が毎回行われる時に、世界的なコンピュータネットワークその取引を管理する。そのネットワークはだれか管理しているということではなく、システム機能などが地域的に分散されている。よって、完璧なピアツーピア取引を行うことができる。

 

だれかが他の人の金を強制で取ることができない特徴もあるので、取引がより安全になる。一つの取引が行われるまでに、たくさんのチェックが毎回行われる。チェック中に問題が発生すれば、取引が泊まる。クレジットカードの取引より安全な取引であると言える。

 

自動化のある取引:

スマートなコンタクトを使えば、ピアツーピア取引を自動化にすることができる。自分が設定したルールを守りながら、システムは客取引を管理することになる。命令をちゃんと作れば、あるアカウントから他のアカウントへのお金の振込というプロセスも自動化できる。

 

決済がはやい:

ピアツーピア取引で決済は時間がかからない。暗号通貨を使うピアツーピア取引の根本の中では、第三者という役割がないため、早い。よって、通貨取引の中ではおそらく一番早い取引になる。

 

ペイメントが簡単:

暗号通貨で支払いすることが簡単。手数料などを払う必要がない。また、詳細をたくさん書くとかが必要でない。送り先になるウォレットの住所を書かないと行けないが、それ以外書く必要がない。それぐらい書けば、送るというプロセスが数秒以内に行われる。

よって、暗号通貨を使うピアツーピア取引はとても効率性が高くて、有益である。

ブロックチェーンは何か

ブロックチェーンは何か

ブロックチェーンというのはユニークな発明である。「ナカモトサトシ」という人あるいは人々の組織が開発した。ブロックチェーンが生まれてから変化している。よって、皆が聞きたいことは、ブロックチェーンは何か

デジタルデータの分布を可能にするがそのデータをコーピすることができないブロックチェーン技術は新しいインターネットを作った。最初は暗号通貨向けに開発されたが、ビットコインコミュニティは最近暗号通貨以外のところでもたくさん利用のしかたなどを発明している。

ビットコインは「デジタルゴルド」とも呼ばれる。なぜかというと、今まで、その通貨の全体的な価値は大体9億ドルである。他のブロックチェーンは違う数値のタイプを作ることができる。インターネット、あるいは自分の車と同じように、ブロッカーはどのように使うか知る必要がない。ただし、この技術の基本を勉強すれば、なぜ革命的な技術であるかわかることができる。

 

ブロックチェーンの耐久性と堅牢性

ブロックチェーン技術はインターネットと同じで、ロバストネスがある。同じ情報ブロックをネットワークに登録することができるが、以下の事ができない:

1) 単一障害点がないこと。

2)あるひとつのエンティティからコントロールされること。

 

ビットコインは2008年に作られた。その以降、ビットコインのブロックチェインは大きな混乱なしでずっと動いている。問題があっても、それは人間の間違いか、悪い意図を持つ人間の行動で活性する。つまり、基本の概念に誤りがない。

インターネットというのは30年ぐらい前に作られた。それと比べたら、ブロックチェイン技術はかなり早いペースで進歩していると言える。

 

だれがブロックチェインを利用するか?

ブロックのチェインを知らずに、それでもブロックチェイン技術を使えるし、ブロックチェイン技術をメリットを受けることができる。

現在、金融業界の中に行われているブロックチェインの利用は一番影響力のある例である。例えば、国際ペイメントである。世界銀行によると、2015年にやく430億ドルの送金が行われた。驚くことではないが、現在ブロックチェインをわかる開発エンジニアの需要が強い。

送金で普通は第三者が必要になるが、ブロックチェインを使えば第三者が必要でなくなる。グラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)の開発のおかげでパーソナルコンピュータへのアクセスが簡単になった。ブロックチェーン用に設計された最も一般的なGUIはそれを使うので、アクセスも簡単になる。ビットコインを使ってものを購入したい時、ウォレットのアプリも必要になるが、ウォレットへのアクセスも簡単である。

オンライン取引とアイデンティティ検証プロセスの関係が強い。将来に、アイデンティティ管理の様々なタイプをサポートするために、ポータビリティ・アプリケーションも変わると思われる。

暗号の勉強は暗号学ではない

暗号の勉強は暗号学ではない

暗号の勉強は暗号学ではない。暗号学の中に暗号の勉強や暗号解読の勉強がある。暗号の勉強というのは数学的に「暗号化」というプロセスの勉強することである。暗号は秘密通信のためにも利用される。暗号を使うことによって、暗号化されたメッセージを作ることができる。普通の人はそのメッセージを聞いたら、本当の意味がわからない。最初から意図された受信者しか理解できないことである。もちろん、メッセージだけでなく、ものもある程度同じ方法で「登録」することができる。解読をする前に(つまり、「pre-decrypt」というレベル)ものがあるとわかるがその意味などがわからない。暗号鍵を持つ人しかその意味などがわからない。

ほとんどのセキュリティ・レベルが高いところで暗号が利用されている。秘密のデータにアクセス権利がある人だけが入れる。例えば、メッセージを送る時によく使う。また、あるソフトウェアをインストールする時に、そのソフトウェアを購入した人々しかインストールができないという状況を作るために暗号を使う。電話を無駄に使うということをさけるためにも使う。

セキュリティのある環境を作るためによく使うものである。ダークネットワーク(例えば、Freenet)の中で情報が検閲されていない。そのネットワークからもらったデータは、自分のコンピューターに保存しても、しなくても、ずっと残るケースがある。あるレポートをダウンロードした後に、そのレポートを消すのはほぼ無理である。これは違法コンテンツの場合、問題になる。ユーザーが知らずに、自分のコンピューターにずっと残るケースがある。しかし、このコンテンツが暗号化されているため、裁判官はそのユーザーを判断することが難しい。暗号化されているから、コンピューターの中に入っているコンテンツが違反コンテンツであるかどうかを証明できない。その場合、コンテンツを解読するために、違反方法を利用していけない。

ビットコインの場合、以下のところで暗号化アプリを見つけることができる:

Tahoe-LAFSあるいは他の暗号化されたファイルストレージシステム

PGP / GPG (メールを送る時に、他の人が読めなくなるプレーンテキスト暗号化)

最後に、固有のパスワードについて説明したい。人気のあるトレンドである。あるプログラムに接続する時に、必ず毎回新しいパスワードが必要になるキーチェーンがある。正しいパスワードとして認識されるものは64,000のランダムパスワードしかない。アタッカーはそのようなパスワードにアクセスすることができない。さらに、正しいパスワードが一つあっても、再利用できない。一回使っても、二度とも使えない。

 

暗号の利用について

ある情報に対して、見てよいと見ていけない人がいる。見てよい人しかアクセスできないというのを作るためにはどうやってその情報の保存や登録をすれば良いかという勉強は暗号である。情報時代になる前に、暗号は情報の秘密を守るためにしか使わなかった。スパイ通信、軍事指導者や外交官などの情報の秘密性をまもるために利用された。歴史を見ると、例がたくさんある。エジプトの象形文字、スペインのスパルタン人が利用したパスワード、石膏や様々な物理的補助装置が含まれる。このような装置はコンピュータおよび電子デバイスが出た後に様々な変化を経験し、暗号に非常に貢献したと言える。

暗号通貨のマイニング

 

暗号通貨のマイニング(暗号マイニング)というプロセスは様々な暗号通貨の形式が確認された上でデジタルブロックレジスタに追加されるということである。暗号コイン・マイニング、カウンソスコインマイニング、またはビットコインマイニング(一番人気が高い暗号通貨、つまり、ビットコインを対象とする)とも呼ばれる。暗号通貨の利用が最近指数関数的な成長を経験したことによって、暗号通貨のマイニングはテーマとして人気が強くなり、また活動として多くなってきている。

暗号化トランザクションが毎回行われる時に、暗号通貨のマイナーは情報の真正性を守る責任だけでなく、操作でブロックチェーンを更新する責任もある。マイニングというプロセスの中で、他の暗号通貨のマイナーと競争する必要があり、とても複雑な数学的な問題を暗号ハッシュ関数の利用で解決する必要がある。また、暗号ハッシュ関数は取引のデータを持つブロックと関連している。

あるコードを始めてデコードする暗号通貨のマイナーはその取引を認めることができるようになる。認めるというサービスを行った後に、暗号通貨のマイナーは少量の暗号通貨を得ることができる。ただし、他の暗号通貨マイナーとよく競争するためには、暗号通貨マイナーは特殊なハードウェアを持つコンピューターが必要になる。

 

暗号通貨マイナーになるためにどうすれば良いでしょうか?

暗号通貨マイニングを行うことによって、小さな収入を得ることができる。特殊なハードウェアを持つコンピューターがあっても、1日あたり1ドルあるいは2ドルの小さな金額を得るケースが多い。電気、インターネット接続、コンピューター機器などに関する費用も発生し、それは暗号通貨マイニングの純利益に影響を与える。

マイニングを始める時に、暗号通貨マイナーはまず専用のハードウェアが必要になる。チップグラフィックスプロセッサ(GPU)または集積回路(ASIC)というアプリケーションを持つ必要がある。また、ハードウェア冷却機能、暗号マイニングソフトウェアパッケージ向けのインターネット接続、オンライン暗号通貨取引所ヘのアクセスやオンラインマイニングへのアクセスも必要になる。

暗号通貨マイナーになりたい方は暗号通貨の人気や価値が上がると共に、競争もより激しくなるというパータンを良く認識する必要がある。現在、様々な組織や会社がたくさんのリソースを使ってマイニングを行っているため、普通の人間は競争力がほとんどない。

 

暗号通貨の将来はどうやって次の経済危機で決まるのでしょうか

たくさんの人々によると、ビットコインは遊ぶものである。暗号通貨という概念に対して好奇心があるからやってみる方がいる。しかし、暗号通貨は意味のある影響があるのでしょうか?国の通貨の代替になれるのでしょうか?このような質問は深いである。以前、危機が発生した時に、暗号通貨は国を助けたことがある。

 

ビットコイン利用の例:

例えば、ギリシャが2015年に欧州中央銀行と他の銀行から救済措置を受けても、不況になった時に、パニックが発生し、その結果たくさんの人々は銀行から全ての貯金を引き出した。

簡単に言うと、ある通貨に対しての信頼性がなくなるときに、人々は代わりに他のものを代替として利用する傾向がある。人間の考え方である。変化に対応しすべきである。ギリシャに危機がより強くなったときに、ビットコインの取引量も増えた。興味深いことに、取引量の増加がギリシャから来た。

同じように、キプロスが2013年に危機に入った時に、暗号通貨の人気も上がった。アルゼンチンのケースも同じである。アルゼンチンの政府は経済危機以降米国ドルの購入を禁止にした後に、暗号通貨の人気が急に上がり、その結果アルゼンチンはいわゆるビットコイン市場潜在力指数(BMPI)の中で非常に重要な国になった。

このような相関関係を見ると、おそらく人々は自分たちの国の通貨が失敗する時に、暗号通貨を選ぶ傾向があると思われる。しかし、グローバル的に見ると、暗号通貨は一般の通貨に変化を起こす力があるのでしょうか.

 

暗号通貨のデメリット:

人間は通貨の行動をコントロールする中央権威がないデジタル通貨システムに魅力を感じると思われる。しかし、全てが良いことではない。暗号通貨のボラティリティはデメリットである。人は自分の資産の中では、暗号通貨にしている部分が大きかったら、その人の純資産がランダム的に激しく変わる場合もある。

まとめ:

暗号通貨は経済危機の時に人々の力になれる。しかし、主流通貨になるために能力がまだないと思われる。しかし、一つ言えるのは、危機に時に、「救助車」として使えることである。

 

暗号通貨(または暗号学)

暗号通貨(または暗号学)

 

暗号通貨(または暗号学)

暗号通貨(または暗号学)は、トランザクション、追加のモニターユニット、資産を転送する暗号化媒体として機能するように設計された、議論の余地のあるデジタル資産である。 暗号値は、デジタル通貨、代替通貨、および仮想通貨の一種である。 暗号通貨では、集中型電子マネーシステムや中央銀行の代わりに分散型コントロールを使用している。

各暗号侵害の分散制御は、分散トランザクションとして機能する公開トランザクションの基礎となるブロックチェーンを通じて機能する。

正式な定義

Jan Lanskyによると、暗号は4つの条件を満たすシステムである可能性がある。

あるポリシーは、新しい暗号化単位を作成できるかどうかを定義する。 新しい暗号化ユニットを設計できる場合、システムは、これらの新しいユニットの所有権を有するソースの状況を識別する。

 

同じ暗号装置の購入を変更するための2つの異なる指示が入力された場合、システムは多くとも1つを実行する。

 

システムでは、暗号化ユニットの所有者が変更された方法でトランザクションを実行できる。 ステートメント取引は、これらのユニットの現在の所有者を証明するエンティティによってのみ発行される。

暗号化単位の所有権は、暗号方式でのみ表示できる。

 

 

概要

分散型暗号化は、システムの作成中に定義された速度で全面的に暗号化サービスのシステム全体を生成し、一般に知られてい。連邦準備制度(FRBのような中央銀行があるシステムの中で、行政委員会あるいは政府が信託基金を印刷することによって資金の供給を制御する分散型暗号侵害の場合、政府や企業は新しいユニットを生産することはできないが、プロパティ値を持つ他の企業、銀行、エンティティとは互換性がない。 地方分権化された暗号化通貨に基づく第一の技術システムでは、ナカモトサトシと呼ばれるグループまたは個人によって作成されている。

 

20185月現在、1,800を超える暗号透過仕様があった。 暗号通貨、セキュリティ、完全性および残高記録のシステムは、コンピュータを使用してトランザクションの時間を確認し、特定のタイムスタンプスキームの下でレジストリに追加する未成年者と呼ばれる相互に疑わしい当事者のコミュニティによって維持される。

 

ほとんどの暗号コピーは、流通するコインの合計金額を制限することによって、この通貨の生産を徐々に減らすように設計されている。 金融機関が保有する通貨や手元にあるお金では、警察は暗号について調べるのが難しい場合がある。 暗号化技術はこの問題を起こす。

暗号通貨の将来について

2009年に行われたビットコインの出現と同時に、「暗号通貨」という概念はバーチャルコンセプトというところから現実の世界まで進んだ。ビットコインの人気は2013年にピークし、1つのコインが$266という高値を達成した。では、暗号通貨の将来はどうなるのでしょうかということについて少し考えよう。

暗号通貨の将来の見通しについて

暗号通貨に関する予想がたくさんある。どの暗号通過に投資すれば良いかということを理解するためには、開かれた心で全ての予想を見た方が良い。

 

国の通貨は2013年に切り替えられる:

これは立派な金融アナリストの中ではよく出てくる予想の一つである。彼らの話によると、「暗号通貨」という通貨の概念が継続し、2030年になったら、国々の通貨の25%が暗号通貨に切り替えられるということになる。

 

現金と違うものである:

現在現金で行われている取引や将来に出てくる暗号通貨での取引の性質がかなり変わると思われる。全ての活動がデジタル的に行われ、そのプロセスが現在のプロセスより簡単になる。

 

暗号通貨の価値はサイクルで決まること:

ビットコインと違う暗号通貨が出始めた時に、ビットコインの価値が下がったということをおそらく認識したであろう。そのような暗号通貨の価値はこれから上がったり、下がったりすると予想されている。その中に、このマーケットを支配する暗号通貨も入っている。

 

銀行業界のディスラプターになる:

暗号通貨は銀行業界に変化を起こすということも予想されている。ピアツーピア取引は銀行の取引より簡単になる。又、第三者の存在性もなくなる。その結果、投資家の暗号通貨への関心がより強くなると思われる。それは、銀行や財務アドバイザーの手数料の原価に貢献する。

以上の理由で、暗号通貨という概念がしばらく継続すると思われる。明るい将来があるであろう。